2018年~2019年のおすすめの好コスパシェーバー!

「毎日のシェービングは電気シェーバーでささっと終わらせたい!」

「でも高いシェーバーはちょっとな・・・」

という人のためにコスパ重視でおすすめの電気シェーバーをピックアップしてみました。

パナソニック ラムダッシュ ES-ST2Q

最早定番のこのシリーズ。パナソニックラムダッシュの3枚刃です。パナソニックの上位機種にくらべると刃の枚数や細かい機能で見劣りしてしまうところはありますが、剃り味と価格のバランスの取れた人気モデルではないでしょうか。

泡スルーヘッドはあんまり効果を感じたことはありませんがお風呂剃りが可能なのでお風呂でヒゲをやわらかくしてから剃りたいという人にもぴったりです。

穴が開いていて、乾かしながらタテ置きもできるシェーバーホルダーが地味に良いと思います。

この機種から新たに、寝たヒゲを根元から立たせて剃りやすくする「ヒゲ起こしフィン」が搭載されたので効果に期待です。

イズミ IZF-V578

コストパフォーマンスの良いシェーバーといったらイズミ!

パナソニック、ブラウン、フィリップスの3大メーカーにばかり目がいってしまいがちですがイズミの電気シェーバーは安いのに切れ味が良いと評判です。

「安いのがいいけど5枚刃のシェーバーが良い!」という人におすすめなのがこちらのモデル IZF-V578。5枚刃ながら価格が安く手の出しやすいモデルです。

5枚刃でヘッドは大きいですが圧力を分散して肌に優しくなっています。

お風呂剃りモデルではありませんが防水設計のIPX7基準(30分程度水没しても浸水しない)を満たしているようです。

「5枚刃の切れ味を試してみたい!」という人はチェックしてみてはどうでしょうか。

ブラウン シリーズ3 3080s-P1

ブラウンでコスパを求めるならやっぱりシリーズ3になるでしょうか。

3枚刃でこれといってすごい機能無いかなとも思うのですが深剃りをしたい人におすすめです。

個人的にはブラウンは肌の弱い人には向かないかなと思うので普通~肌の強い人が深剃りしたい場合にぴったりかなと思っています。お風呂剃りにも対応しているのもポイント。

フィリップス 1000シリーズ S1040/04

フィリップスでコスパ重視ならシリーズ1000。

3つの丸い刃は始めは使いにくいかもしれませんが、使い方に慣れてくるとやさしい剃り味でヒゲを剃ってくれます。

深剃りという面では少し他のメーカーよりも落ちるかもしれませんが肌への優しさを重視する人におすすめのモデルです。刃は自動研磨システムとなっていてオイルをさす手間が無いのがポイント。

S1040/04はお風呂剃りにも対応しているのでお風呂でヒゲを柔らかくして剃ればより肌に優しいシェービングができそうです。

とにかく安いのがいいんだという人は?

電気シェーバーでとにかく安いのが良いという人はイズミの電気シェーバーがおすすめ。「これほんとに電気シェーバーの値段?」という価格で売られていることもあります。

3枚刃で機能を抑えたモデルは本当に安いです。

旧モデルが売り切れていたら新モデルをチェックしてみましょう。

まとめ

というわけでコスパ重視で電気シェーバーをピックアップしてみました。

安定定番のパナソニック、刃が多いほうが良いならイズミ、深剃りならブラウン、肌への優しさならフィリップスというのが個人的な見解です。

安くてもしっかり検討して自分に合ったシェーバーを見つけてください!