メンズシェーバー PowerTouchの口コミ

型番はわかりませんがフィリップスのPowerTouchについての口コミをいただきました。

フィリップスというと深剃りにはあまり向きませんが肌には優しいといったイメージがありますが今回は髭が濃い目の方の口コミとあって注目です。

剃るのには慣れが必要 メンテナンスは楽

パワータッチ を使ってみて

筆者は20代後半の男性です。
ひげは比較的濃いほうで、朝方に剃っても夕方にはだいぶ伸びてジョリジョリします。
筆者は一日に二回朝と夜に入浴する習慣があるので、その際にT字カミソリでひげそりをしています。
今回フィリップスのメンズシェーバー PowerTouch パワータッチ を購入したのは出掛けた際にもひげを剃れれば言いと思い購入しました。
某大手家電量販店で4000円ほどでした。
今まではずっとT字カミソリでしかひげを剃ってこなかったので、
こういった電動シェーバーは新鮮です。
それでは切れ味や使用してみた感想などを以下に報告します。

先ず一言で言わせてもらうと、なかなかうまくひげを剃るには難しいものだと思いました。
筆者が購入したシェーバーは3つの円形のヘッドがあり、様々な顔の部位に対応とのうたい文句でした。
確かに顔の側面やあごしたなどは効果的なのでしょうが、鼻の下などは大きすぎて剃りにくい感じです。
またこれは使い慣れていないせいもあるのでしょうが、どうも剃り残しがT字カミソリに比べて多い気がします。
具体的には、顔の側面などもツルツルかと言われるとそうではなく、
筆者の場合は完全に剃れるわけではありません。多少は残りますが、手軽にひげをそりたい人やひげが薄い人なら問題はないのかな。
まぁこれは使用者のなれでなんとでもなると考えます。
次にメンテナンスについてです。
一言で言うと非常に手間がかかりません。
刃がついてる部分をパカッと開け、適当に付属のブラシでひげをゴミ箱へ。
バッテリーの持ちも非常によく、私の場合はフル充電で1週間は持ちます。
出張や旅行に持って行った時も充電器を持ってく必要もおそらくないです。
これは恐らく使用頻度や使い方に依存しますが、それでも個人的には安心して使えます。

簡単ではありますが筆者の紹介を終えます。
ひげが濃い方はT字で剃るのが正直無難かなと思ってしまうあたり、
使い込みがたりませんね。
でも本当にメンテナンスは簡単で、手軽にひげをそれるのはポイントが高いです。

 

K.H

髭が濃い人にはちょっときついか?

4000円のモデルは髭が濃い目の人にとってはちょっと剃り味に不満といったところでしょうか。手軽に使えるのはメリットではあると思いますが、やはり髭が薄い人が使ったほうが良いように思えます。

バッテリーの持ちはなかなか良さそうですし、値段も安いので使い方次第といったとろこでしょう。

イズミの4枚刃シェーバー IZF-V75-Aをレビュー その実力は?

今回はパナソニック、フィリップス、ブラウンの3大メーカーではなくイズミの商品を購入してみました。

IZUMIのIZF-V75は4枚刃を搭載し、約4週間充電可能、業界初の防水設計IPX8基準をクリアといった点がウリですが、購入したポイントとしては

  • 4枚刃の中で価格がかなり安い
  • お風呂剃りができる

といったあたりです。

パッケージ

ではまず箱から見ていきましょう。

1

パッケージの正面メーカー名と型番そして本体といったシンプルなデザインです。4枚刃という文字も。

2

裏側、防水性能やリザーブ機能、クリーニングハッチといった機能が紹介されています。

3

横、約4週間充電不要というバッテリーの持ちもウリのようです。

内容物

4

内容は本体の他にキャップ、充電スタンド、乾燥用ホルダー、電源アダプター、持ち運び用のポーチ、掃除用のブラシ、シェーバーオイル、説明書です。

5

キャップを本体に取り付けてみました。電源ボタンのところまでカバーされていて間違って電源ボタンを押すことの無いようになっています。通気性は無いのでキャップを付けた状態で乾燥させるのは無理そうです。

6

外刃の部分をアップにしてみました。3枚の刃とクセヒゲトリマーという構成になっています。

7

内刃、3枚の内刃で構成されています。

8

角度を変えて。刃を取り付ける部分にはバネが付いています。

刃の交換目安は外刃が1年、内刃が2年。パナソニックと一緒ですね。

15

キワゾリ刃も搭載しています。少し小さめな気もしますが、個人的にはそんなに広範囲には使うことがないので問題ないと思います。

9

電源ボタン部分です。メタリック調のパーツが配置されていますが、高級感はありません。少し安っぽい印象。価格相応だと思われます。指紋が付きやすいです。メタリック以外の部分はラバーになっていてなかなかさわり心地は良好です。

ボタンは電源ボタンのみ。その下には2つランプが搭載されていて、CHARGEとReserveと書かれています。

CHARGEは充電中に緑に点滅、充電完了すると5分後に消灯、充電が必要になると赤色に点滅します。

Reserveはリザーブ運転中に橙に点灯します。

10

乾燥スタンドに立てた状態。キャップを付けたままだとスタンドにはまりません。乾燥時はこの体勢で。

11

電源のアダプタ。電源タップに差しても横の差込口にできるだけ干渉しないように作られています。

12

電源スタンドに立てた状態。接点式の充電になっています。シェーバーの下の部分に2つの金属のでっぱりがあり、これが充電スタンドの金属部に接することで充電ができます。

最近のお風呂シェーバーはだいたいこのタイプでしょうか。

長期間出かけるときはこのスタンドも一緒に持っていくことになりそうです。

充電時間は2時間。バッテリーの持ちは1日3分の使用で約4週間とのことですが、私はヒゲが濃くてとても3分ではシェービングが終わらないのでそこまで持たなさそうです。

13

本体全体像。正面。

14

本体全体像。裏側。MADE IN CHINAの文字が。充電のための接点も見えます。

16

クリーニングハッチ。

クリーニングハッチというハッチが搭載されていて、シェーバーを洗う際にここを開けて水を流すことで外刃を外すことなく洗浄することができます。それなりに洗浄できている印象です。

普段はこのハッチから洗浄して、たまに外刃を外して丁寧に洗浄といった形がいいかもしれません。

シェーバーの騒音

かなり古い機種ですが、パナソニックのES-GA21とくらべてみました。

音の大きさ自体はそれほどかわりませんが、音の傾向が違うようです。

剃り心地

私はヒゲが濃い目で肌は弱いほうです。

剃り心地はそれなりに剃れるなといった印象です。4枚刃だからといって劇的に剃れるわけではないです。

1往復では剃り残しがありますが、凹凸の無いところは何度かシェーバーを往復させているうちにきれいに剃れます。フェイスラインは肌をひっぱってヒゲを起こしつつ剃りますがきれいにつるつるにするには時間が掛かります。

ただ、この価格帯のシェーバーとしては悪くないと思います。深剃りもできているように思います。

肌への優しさに関しては深剃りをしようと肌に押し付けてしまうと赤くなる部分もありますが、深剃りにこだわらなければ、優しく剃りあげることができると思います。お風呂剃りをすれば肌への負担は少ないほうだと思います。

総評

メーカーにこだわりが無い、お風呂剃りをしたい、そこそこヒゲは濃いけど費用を抑えたいという人は買ってもいい1台だと思います。

買ったばっかりで刃が新しいということもありますが、個人的にはパナソニックのES-ST27あたりよりも若干上の評価です。

追記

半年ほど使ったあたりで充電スタンドの接触が悪くなりました。

おそらく本体を水洗いしたあとによく拭かずにスタンドにセットしていたせいだと思われます。

接点洗浄剤でよく拭いたらなんとか充電できるようになりましたが、水洗いした後はよく拭いて本体とスタンドの接点が湿らないように注意する必要があると思います。

IZF-V75-A [IZUMI イズミ] メンズシェーバー 4枚刃 ブルー IZFV75Aの詳細を楽天市場でチェック

イズミ IZF-V75-AをYAHOOでチェック