電気シェーバーに長期の保証は付けるべきか考えてみた

1576

電気シェーバーを買うときにちょっと考えたことがあるかもしれませんが、故障に際しての保証をメーカー保証のほかに、お店独自の長期保証を付けることができます。

5年の保証も付けられる場合もあるのでなんだかお得にも思えるのですが、私自身としてはそんなに必要無いかなとも思っています。

保証の内容をよく確認してみてほしいのですが、たいていの場合は消耗品は保証の対象に含まれません。つまり、バッテリーや刃は対象にはならないわけです。

中には洗浄器は付属品なので保証に含まれないという場合もあるようです。

よく保証の内容を確認せずに延長保証に入って洗浄器は保証に含まれていませんといわれ、「そんな話聞いてないよ。普通洗浄器も保証に入ると思うじゃん。」なんてケースも・・・

ですから個人的にはそんなに必要無いかなーと思っているのですが。

長期保証を付ける場合

長期保証を付けるとすれば上位モデルを購入して、ずっと使い続けることを想定していう場合でしょうか。

まずは保証の内容をよくチェックして決めたいところです。消耗品は無理だとしても、洗浄器は保証されるのかなどについてよく確認しましょう。

その上で保証にかかる金額など納得できるならば保証を付けるといったところでしょうか。購入するお店を決めるときに、ただ単に値段だけでなく保証も比較して購入できればベストかな?

安いモデルを購入するなら必要無し

1万円前後かそれ以下のモデルならばメーカーの1年保証でいいかなと思います。故障せずに使い続けられることもありますし、故障すれば新しいモデルを購入して、刃も新しくなって良いのではないでしょうか。替え刃のセットを購入する分にお金を足して新しいモデルが買えたと思えばそこまでの痛手にもなりませんしね。

結構、刃の新しさが剃り味につながる面があるので、安いモデルなら1年保証で壊れたら買い替えでいいでしょう。

といったとことで自分なりの長期保証についての意見を書いてみたのですがいかがでしょうか。保証を付ける際の参考になれば幸いです。

電気シェーバーの替え刃の交換時期はいつ?

002696

電気シェーバーを購入するときにチェックしておきたいことの一つが替え刃の交換時期です。

ずっとシェーバーを使い続けていると刃の切れ味が悪くなってくるので交換が必要になるのですが、交換費用もなかなか馬鹿になりません。ものによっては電気シェーバー本体並みの値段になってしまう物もあります。

そこで主要メーカーの替え刃の交換時期についてまとめてみました。参考になれば幸いです。

パナソニック

外刃は約1年。内刃は約2年ごとの取り替えを推奨しています。外刃は直接肌に触れる部分なので傷みやすいということでしょうか・・・

替え刃は内刃と外刃セットで購入すると少し安いので単品で買うかセットで買うか考えるところです。

ブラウン

網刃(外刃)、内刃ともに18ヶ月で交換することを推奨しているようです。1年半ということでパナソニックよりも外刃は半年長持ち、内刃は半年短いわけですが、ともに使用期間が同じなのでセットで替え刃を購入しやすいかもしれませんね。

フィリップス

フィリップスは2年に1回となっています。

フィリップスといえば回転式のシェーバーで独特の形状ですが、回転式のシェーバーは回転するたびに内刃が磨かれるという「自動研磨システム」が採用されていて刃の切れ味が落ちにくいのが特徴のようです。

まとめ

パナソニックのシェーバーは内刃と外刃の交換時期が違うので替え刃のセットを買うのにちょっと考えてしまうかもしれませんね。気にせず内外いっしょに替えてしまうというのなら問題ありませんが。

その点ブラウンはセットですんなり交換できますのであれこれ使用時期を考える必要がありません。フィリップスも同様でしょうか。さらに切れ味が落ちにくいのはうれしいですね。

替え刃という点に限ってみるとブラウンかフィリップスがいいのかも!?

中には気にせず刃を交換せずに使い続けている人もいるようですが、やはり切れ味が落ちてきたなと思ったら刃の交換をしたいところです。また、シェーバーを洗ったあとはしっかり乾燥させたり、オイルを塗るなどして(中にはオイルを使わなくていいタイプもあるようなので説明書をよく確認しましょう。)切れ味を保つように心がけたいものです。